人間の登場

さて、前回は天地創造について少しお話しました。

ところで、今取り上げている創世記ですが、これは伝統的に、イスラエルの指導者モーセが記したとされています。ただ、20世紀に誕生したいわゆる「新神学」とか「自由主義神学」と言われる神学を支持する人は、これを否定する場合があります。

彼らは、創世記は様々な資料を切り貼りしてできたような書物であると主張するのです。

確かに、創世記には一見矛盾する箇所が数々あり、切り貼りしたような気もします。

ただ常識的に考えてそんな「切り貼りした」文章が数千年に渡ってこんな有難がって読まれるわけないし、人に支持されるとも思えません。

その他いろいろと反論する術もありますが、この点において議論してもあまり意味がないと私は思っています。

要は、今読んでいるあなたがどちらかを支持するかです。私は当然、伝統的な福音主義的理解を支持していますし、そちらのほうがよっぽど魅力的だと思っています。

さて、話がズレました。今日は、人間の登場について考えてみます。

聖書では、天地創造の7日間のうち、6日目に人間は創造されたと書かれています。

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」

創世記 1:26

ここに書かれているように、人間は神のかたちに、神にかたどって創られたとあります。神は自ら思考し、自ら判断し決定します。私達も同じように創られたのです。

時々、神はなぜ人間を創ったのか考えることがあります。この正確な答えを見つけることはできませんが、私は「交流する人格を必要とされた」のだと思っています。

私達は、誰も一人では生きていけません。一人でいると寂しいし、不安になります。神が寂しかったかどうかはわかりませんが、私達は少なくとも、神と親しく交流し、神と共に生きることを期待して創造されたのです。

そんな私達ですが、今は神を直接見ることもできませんし、神を神としない人もたくさんいます。この理由については、次回お話することにしましょう。

天地創造

初めに、神は天地を創造された。

創世記1:1

聖書のはじめは、このような一文で始まっています。この文章からしばらくは、天と地がどのようにして成り立っていったかが書かれています。

近代以降の科学万能主義者は、この天地創造物語は「神話」であるとして、まともに論じる価値の無いものと思っています。実際、学生時代に物理学の先生に天地創造物語についての見解を聞いたところ、まるで無学な人を見るかのような目で見られたのを覚えています。

これに対して、宗教的な人々は、ダーウィンの進化論を徹底的に否定しようとします。その結果、いわゆる危ない人扱いされてしまうことも多々あるようです。

両者の間には、ちょうどラザロと金持ちとの間にあったような深い隔たりがあり、おそらくわかり合うことは無いでしょう。

ここでは、この創世記1:1を、そのような進化論か創造論かの対決を軸に語るのではなく、もっと違う観点から見たいと思います。

ふつう本の冒頭というのは、その書全体を象徴するような書き出しになっています。例えば夏目漱石の「こころ」なら

私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。

夏目漱石 こころ

と書いてあるとおり、物語の中心となっている「私」と「先生」が真っ先に登場しています。

聖書も本であり物語ですから、その冒頭に「初め」に「神」が「天地を創造した」と書かれているということを、ただ聞き流すだけで終わってはなりません。

聖書という書物は、いろいろなことが書かれています。しかし、その色々なことが書かれている目的は、すなわち「神が」何をされたかということを後世に伝えるためだというのが、私の聖書理解の根本にあるものです。

その情報を受け取ってどう処理するかは、私達受け取り側の行動に委ねられています。

今から聖書の物語を紐解いて行きますが、あなたはこれを受け取ったとき、どんな行動に移ろうと思うでしょうか。

聖書とは何か

聖書というと、なんだか古めかしくて、近寄りがたいような気がする方は多いと思います。

その思いを振り切って、やっとの思いで聖書について調べてみても、出てくるのは神学の難しい