.NET CoreでRaspberry Pi用GUIアプリを開発する(未解決)

長らく放置していたRaspberry Piですが、唐突になんかIoTっぽいことをしたくなったのでいじることにしました。

Raspberry Piというか、LinuxでGUIアプリケーションを作ろうと思うと

  • Qt
  • Gtk
  • Tcl/Tk
  • wxWidgets
  • Java Swing
  • Mono
  • .NET Core

とかが思い当たります。そういえば、昔kylixとかあったなぁ。

全部現役で使えるとは思いますが、できれば経験豊富な.NET+C#で実装したいところ。

そこで今回は、今色々と話題の.NET Coreを使ってみることにしました。

Visual Studio Previewと.NET Core 3.0の準備

いきなり面食らいそうなタイトルですが、.NET Core 3.0からWinformsがサポートされてるので、GUIでお手軽プログラミングしようと思うと3.0+Visual Studio 2019 Preview版が必要です。

全然お手軽じゃないってのはツッコミ無しで。

ここからダウンロードしてインストールします。インストール方法とかはググるかカンでお願いします。ここで詰まるならやめといたほうが良いと思います。マジで。

プロジェクトの作成

一昔前はなんか色々とする必要があったようですが、今は

標準でWindows Forms Appが作れます。ヤッター

ただ、フォームデザイナーは実装されていません。まあ、普通の.NET Frameworkなプロジェクトで作ったフォームがそのまま使えるので、特に問題ないかと。もう少しすれば、実装されるようになるでしょう。

Raspberry Piでの実行

ビルドは、特に問題なく実行できます。

これをRaspberry Piに持っていきたいわけですが、その前にとりあえずRaspberry Piに.NET Core 3.0を入れてやる必要があります。

まず

sudo apt-get install curl libunwind8 gettext apt-transport-https

でライブラリを入れて

curl -SL -o dotnet.tar.gz https://dotnetcli.blob.core.windows.net/dotnet/Sdk/master/dotnet-sdk-latest-linux-arm.tar.gz

これでソースコードを持ってきて

sudo mkdir -p /usr/share/dotnet
sudo tar -zxf dotnet.tar.gz -C /usr/share/dotnet
sudo ln -s /usr/share/dotnet/dotnet /usr/bin/dotnet

これでインストールです。

ホントはこの後、GUIアプリとか動かしたかったのですがうまく行かず断念。Raspberry Piは難しい。

まあ、おとなしくPython使えばよいのだと思います・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください