キリストの名による歩み

2019/06/16 礼拝説教概要

ナザレの人イエス・キリストの名によって歩みなさい

使徒行伝 3:6

人々は相手をほとんど第一印象で判断する。しかしながら、人にどう思われているかを考えながら生活していると、非常に苦しい。

イエスの説教

新約聖書時代。人々はパリサイ人の構築した口伝律法に支配され、非常に窮屈な生活を強いられていた。

これに対して、イエスは宗教家の言行不一致を強く糾弾し、その人の信仰は実によって証明されると語った。

美しの門で物乞いをする人

現在でもそうだが、ユダヤ教の神殿の前には、物乞いをしていた人がいた。これは日常茶飯事であったので、誰も気にすることはなかった1

物乞いに対する使徒の対応

「金銀は私にはない」と宣言2した。

ナザレの人イエス=キリストという宣言と権威

ペテロは、イエス・キリストの名によって「歩け」と宣言した。その結果、足の不自由な人は歩いた。

使徒たちはこれが起こったとき、その奇跡は使徒の権威によるものではなく、イエス・キリストの権威と、それを信じる信仰によって起こったと強調した。

宗教家の反発と使徒の反応

このような奇跡が起こったあと、宗教家はイエス・キリストの名(権威)によって何かを命じることを禁じた。

それに対して、使徒たちは全く動じず、宣教活動はより活発になっていった。

その後、更に議会の脅しがあったが、使徒たちはこの脅しをむしろ喜びと感じ、ますます宣教を拡大していった。

まとめ

今日のキーポイントは「イエス・キリストの名によって」というポイントである。

教会はイエス・キリストの名によって祈る場所であり、すべての行動がイエス・キリストの名によるものである必要がある。

脚注・参考文献

  1. マザーテレサの無関心を参照
  2. 金銀は悪ではないが、程よくは必要だ。金銀はありすぎても、なさすぎても良くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください