Probook 4230sレビュー

前の投稿で、ジャンクノートを購入についてお話しました。

今回は、そのジャンクパソコンのレビューと、修理についてお話していきましょう。

ちなみに、この記事は、直したパソコンを使って、出先で書いています。

それでは早速、レビューと修理にいてお話したいと思います。

外観

ジャンクなのであんまり期待していませんでしたが、やはりキズ等は結構ある模様。

天板の写真。ヘアライン仕上げっぽいのであんまり傷は目立たない

ただ、ヘアライン仕上げのおかげか、傷はあんまり気にならないような気がする。

他の画像も見てみよう

結構凹みとかがある
傷も多い
「へ」のキートップがおかしい・・・

まあお察しの通り、状態は良いとは言えない感じ。

おまけに、内部のHDDマウンターも欠品してる。さすがジャンク。だがそれがいい。

ジャンク理由

肝心のジャンク理由ですが、前にも書いたように、OSが起動しないというもの。ただ、内臓のディスクはCrystal Disk Infoで正常判断が出ることを確認済みらしい。この場合

  1. OSがソフトウェア的に死んでる
  2. そもそもOSがインストールされてない
  3. SATAケーブルが死んでる
  4. マザーボードのSATAコントローラーが死んでる

のどれかが症状として当てはまるわけです。

1,2ならまだ救いようがあるけど、3,4の場合、最悪ただの粗大ごみになるわけで(まあ、ニコイチで修理できる可能性もあるけど)、それなりのリスクは有るわけです。

とは言うものの、ジャンクを買う時点でそういうのは承知済みなのです。

こういうときは、一番楽観的に考えるものです。きっとOSがインストールされてないだけだと。

実は、早とちりしてACアダプタとか新品の互換バッテリーとか、SSDとか一通り揃えてしまっていたので、精神の安定のためにも、そう考えるしかなかったのです。

到着・動作確認

数日後無事到着して、会社に転がってたACアダプタを使って動作確認をした結果、確かにOSが起動しませんでした。

詳細を調べようかと思ったものの、面倒なのでとりあえずWindows10のインストールUSBを接続し、再起動したところ、あっさりインストーラーが起動しました。

何だつまらんと思いながらインストールを進めていった結果、普通にHDDが認識して、普通にインストールが完了してしまいました。あっけない。

魔改造

せっかく動くようになったので、現役復帰させるためにいろいろと改造しました。

メモリ増設

まずはメモリ増設です。初期状態は4GBのDDR3メモリが1枚という構成だったので、空きスロットに、転がっていた4GBメモリを増設。これで8GBです。

正直なところ、Windows10をHDD構成でまともに動かそうと思うと16GBくらいはほしいのだけれども、このマシンは最高でも8GBしか載せられないらしい。

SSD換装

メモリ不足を補うためには、みんな大好きSSD換装が必要です。最近はSSDの値段も下がってきて、お手頃な価格で購入できます。もちろんプチフリとかもないよ。

買ったのは、Kingston SSD 120GB。これです。


2,770円で購入しました。120GBは若干厳しいように思いますが、OSだけなら余裕です。Eee PCの4GBと比べたら、もう使い切れないほどの大容量です。

今回はOSが無かったので、クローンをする必要もなく、ただ換装するだけです。

バッテリー換装

互換バッテリーを購入し、換装しました。今の所問題なしです。バッテリー持続時間は5時間くらいで、まあそんなところでしょう。

キーボード換装

上で載せた写真のように、キーボードの「へ」の部分が破損し、代わりにどう考えても違うキーのキートップが押し込んであったので、キーボードも交換することにしました。

総額計算

さて、上記の魔改造を行った結果、かかった総額は

品名価格
4230s本体4,000円
ACアダプタ1,250円
バッテリー2,780円
SSD2,770円
キーボード998円
メモリ無料
合計11,798円

ジャンクワールドとかでの相場を見ると、だいたいメモリ4GBで1万5千円ほどなので、まあ相場よりかは安いかと。

そもそも、相場より安くすることが第一目標ではないので、どうでも良いのだけど・・・。

次はベンチマーク

こういうジャンク買ったらやることが、あともう少しあります。それはベンチマークです。

そういうわけで、次回はベンチマークをやる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください