ジャンクノート購入

昔から、モバイル端末に対しては、並々ならぬ興味と情熱がありました。

実は私、昔からモバイラーに憧れてて、古くはシャープのZaurus SL-C700を友人から譲り受けていじり倒したり、研究室の予算でEee PC 4G-Xを買ってもらって、それをLinux化してTeX突っ込んでレポート書いたりと、いろいろとやったものです。

昔使ってたリナザウ。http://ezaurus.com/lineup/sl/slc700/slc700_spec.html
Eee PC 4G-Xhttps://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0125/hotrev347.htm

4G-Xには、本当に多くのいじり倒した思い出があります。

ただこれ、スペックがイマイチと言うか、はっきり言って悪いんですよね。ストレージはSSDで4GBしかなく、しかも最高に遅い。懐かしい言葉ですが、いわゆるプチフリが頻発するんです。

おまけにCPUはCeleron 633MHzでこれまた遅く、キーボードもファンクションキーと組み合わせないと半角・全角が押せないという変則的な配列。

今だったら絶対に手を出さないような欠点揃いですが、当時としては革新的で魅力的に見えたんです。

さて、Eee PCの話はこの辺にして、今日は最近買ったジャンクのモバイルノートについてお話したいと思います。

ヤフオクでジャンク漁り

ハードオフが近くにあれば良いのですが、残念ながら私が住んでいる付近にはありません。

そういうわけで、頼れるのはみんな大好きヤフオクのみ。メルカリは治安が悪そうなので食わず嫌いです。

狙うは12インチくらいのノートパソコンなわけですが、この辺のサイズの最近の主流は、もっぱら2 in 1ノートとか、中身はタブレットだけど、ガワだけノートパソコンっぽくしたやつとかなんです。

「surface」の画像検索結果
こういうSurfaceみたいなやつね https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-pro-6/8zcnc665slq5?activetab=pivot%3aoverviewtab

私が所有しているX205TAもそれと同じ部類なのですが、コイツラの欠点は、拡張性が最高に悪いこと。CPUどころか内部ストレージ、メモリさえも増設できない奴ばっかり。

まあ、マザーボード上にはんだ付けされてるDRAMをリワークすれば増やせるかもしれないけど、リワーク機が無いのでそれはできない(職業上リワーク機が社内にあるけど、まあ使えないよね)。

リワーク機ってこういうやつね。QFP部品とかSOP部品とかBGA部品とか、半田ごてで外せなさそうな部品をこれで外して、つけ直すんです。 http://www.denondic.co.jp/jp/doc_rd500iii.php

そういうわけで、私がほしいのは、ちょっと前の世代でもいいから、とりあえずCore iシリーズを積んでて、12インチくらいのノートパソコンというわけです。

この条件で絞り込むと、大抵レッツノートがヒットするわけですが、あれは人気機種なのでジャンクでも高い。

高ければ良いものが買えるのは当たり前なので、これは却下なわけです。

HP Probook 4230sを発見

そんなことを考えながらヤフオクを徘徊していると、いい感じのノートパソコンがありました。HP Probook 4230sです。

スペックはSandy Bridgeな インテル® Core™ i5-2430M。メモリは4GB。HDDは320GBという、まあ一昔前のスペック。

ただ、なんとこのパソコンは12.1インチのモバイル向けパソコンではありませんか。どうやら物理的に結構重いらしいけど、これならいけると思いました。

ただこれ、やっぱりジャンクなんですよね。

ジャンクの理由を見ると、BIOS起動後にOSが見当たらない旨の「Boot Device Not Found」が出るとのこと。

ぶっちゃけ、パソコンってBIOS起動まで行けば大抵なんとかなる故障なので、私にとってはこれはジャンクでもなんでもない。即入札を決断しました。

なんか違う

オークション終了間近まで入札バトルを繰り広げた結果、4000円で入札できました。

こいつのレビューや魔改造については、次の投稿で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください