Logicool K840を購入

キーボードを何枚買えば気が済むんだと、いろいろな人によく言われます。

パソコンやその周辺機器に興味のない人なら、キーボードなんて1000円くらいのメンブレンを買っておけば済むことで、6000円出してメカニカルキーボードを買うとか、2万円ほど出してRealforceを買うとか、想像もできないような事なのです。

キーボードの購入とか、ヘッドフォンの購入は趣味みたいなもので、一つあるからと言って、これ以上必要ないという類のものではないのですね。

さて、前置きはこの辺にして、今回購入したK840のレビューをしていきたいと思います。

外観

外観は、非常に地味ですね。普通のキーボードって感じで、フルサイズなので横に長いです。メカニカルキーボードはたいていゲーミング仕様で、無駄にフルカラーLEDで光ったりするのですが、K840は落ち着いていて、置く場所を選ばないと思います。

あと、筐体がアルミニウム合金なので、非常にどっしりとしています。荒くタイピングしても、筐体が動いたりすることはないです。

キースイッチ

K840のキースイッチはメカニカルで、ROMER-Gというスイッチを採用しています。

このキースイッチの特徴は、Cherry MX 茶軸のような、いかにもメカニカルっぽいガチャガチャ音を抑えて、比較的静かな打音を実現しているという事かと思います。

現在、K840を自宅で使用していますが、メカニカルっぽいガチャガチャ音というよりは、Realforceに近い「スコスコ」音と言う方が適切ではないかと思います。もちろん、Realforceよりはうるさいですが。

少なくとも、現在会社のサブ機で使用している、Cherry MX 青軸を搭載してるキーボードよりかはマシです。あれは本当にうるさい。

私の職場は、大音量でファンが唸る場所なので気になりませんが、あれをオフィスで使うと多分苦情が出ます。

キー配列

キー配列は、普通です。特に問題はありませんが、別段便利という訳でもありません。

特筆すべき点としては、F1-F12キーに、それぞれ機能が割り当てられています。fnキーとの組み合わせで使用できます。

メディアプレーヤーの制御には使えます。

キーピッチ・キーストローク

これも普通ですね。標準的なキーピッチとキーストロークです。

打鍵感

今このブログを書いていますが、打鍵感はまずまずかなといったところです。

少し気になるのは、強いストロークでキーを入力したときに、金属に当たったような「カーン」という音がする点と、たまにキーを押したときの反動がダイレクトに伝わってきて痛いという点です。

この点に関しては、「カチャカチャカチャカチャ ッターン」的なキー入力をせずに、流れるようなキー入力をすれば良いだけの話で、そんなに大きな問題ではないと思います。

まとめ

結論としては、買って損はしないキーボードではないかと思います。出始めは9000円ほどしたようですが、現状では6000円ほどで落ち着いてるし、6000円払う価値はあると思います。

ただまあ、やっぱり職場で使ってる108UBKには遠く及ばないなあと言うのが、素直な感想です。やっぱりRealforceはいいね。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください